諸國放浪紀 江戸五色不動
         
 
目黒不動尊
 
         
寺院名
 
泰叡山 瀧泉寺
通称
 
目黒不動尊
宗派
 
天台宗
札所等
 
関東三十六不動霊場 第18番
江戸三十三観音霊場 第33番
ご詠歌
  清らけき 目黒の杜の 独鈷滝
   災厄難を 除ける 不動尊
所在地
 
東京都目黒区下目黒3-20-26
03-3712-7549
最寄駅
 
東急目黒線 不動前駅 8分 
東急バス(渋72) 目黒不動尊 0分
公式サイト
 
 
目黒不動尊
 
沿革 
創建は大同3年(808)、慈覚大師円仁によるという伝承がある。
元和元年(1615)本堂が焼失したが、後に三代将軍家光公がこの地で鷹狩りを行った際、その鷹が行方不明になり、家光公は不動尊に祈願をしたところ、鷹が松の木(鷹居の松)に戻った。家光公は不動尊の力を尊信し、堂宇伽藍を再建し江戸城五方の方難除け、五街道の守護に当てた。以後、徳川幕府の庇護を受け繁栄するようになった。
 
 
Note
     
 
境内にバス停があって、ゆっくりとバスを待てる人にとっては便利。

バスを降りるとの先に朱塗りの仁王門が建つ。
三門一戸の楼門で、左右に那羅延金剛像・密迹金剛像が安置されています。階上には韋駄天が祀られているという。

門を入ると、広い境内の中、石灯籠に導かれた参道が延び、先には大木に覆われた長い石段があります。その先には朱塗りの本堂が僅かに見えます。 大きな神社を思わせる構図です。

山を利用した地形の上に建つ本堂。麓や斜面には幾つかの堂宇が建ち、様々な不動明王が祀られています。
五色不動最大の寺は、境内すべてを拝観して廻るのに結構な時間を要します。
 
 
         
 
 
下の境内、石段の左手には不動明王の石像が立っています。

みずかけ不動になっていて、柄杓でお不動さんに水を掛け、願を掛けます。

この水場は独鈷の滝と称して、開山以来涸れずに流れる出る霊水『龍御神水』だそうです。

背後の斜面にはたくさんの石仏が置かれてます。
ここは流行の心霊スポットと言う人がいますが、話題を作りたいTVのいい加減な話ですね。
ご本尊の不動明王を差し置いて、何が心霊スポットですかね。
 
         
 
     
 
納経は寺務所で受付けています。
仁王門を入って右側の一画に阿弥陀堂を中心に、観音堂、書院が建ち並んでいます。
寺務所は阿弥陀堂の右手に隣接してあります。

瀧泉寺は、関東三十六不動尊霊場の札所ですが、江戸三十三観音霊場の結願寺でもあります。
ご朱印を頂くときは、お不動さんで頂きます。

関連ページ 昭和新撰江戸三十三観音霊場 第33番
 
 

   
観音霊場朱印
目黒不動 朱印
観音霊場ご朱印
不動尊ご朱印
          
 
納経所
 
   
       
         
   
 
 
参考書

 
 
 
 
江戸五色不動 目黒不動 目白不動 目赤不動 目青不動 目黄不動

inserted by FC2 system