諸國放浪紀鎌倉三十三観音霊場
第23番 大異山 高徳院だいいざん こうとくいん通称:鎌倉大仏
正式名称
 
大異山 高徳院 清浄泉寺
札所本尊
聖観世音菩薩
本尊
 
阿弥陀如来
宗派
 
浄土宗
ご詠歌
 
かぎりなき いきとしいける ものをみな
   もらさでめぐむ 慈悲のちぶさに
ご真言
 
おん あろりきゃ そわか
併設札所
 
 −−−
所在地
 
鎌倉市長谷4-2-28
0467-22-0703
最寄駅
江ノ電 長谷駅 徒歩約8分
京急バス 鎌1〜6・船7〜9/江ノ電バス 深沢 大仏前 徒歩約1分
公式サイト
 
観月堂
道のり
 
4番長谷寺23番高徳院
札所4番長谷寺からは、長谷観音の交差点まで戻り、左へ進むと右手に鎌倉大仏入口が見えてくる。
約450m、8分程の道のり。

参拝記

鎌倉大仏はあまりにも有名だが、この寺の正式名称は「大異山高徳院清浄泉寺」という浄土宗の寺院である。

仁王門を入り広い境内に進むと大仏が現れる。高徳院の本尊である阿弥陀如来坐像は、鎌倉にある諸仏の内、意外にも唯一の国宝である。

大仏仏身高11.312mで、面長は奈良の大仏より3mほど小さい2.35mだが、目の長さは両者1mであり、鎌倉大仏は切れ長の目をしているようだ。
背後から見るとちょっと猫背で、おじいさんが居眠りしているように見えてしまった。

歴史について調べてみると、鎌倉大仏は僧 浄光が諸国を回り、勧進つまり寄付を募り、寛元元年(1243)大仏殿を建立し木造の大仏を安置した。

その後、大風で仏殿、大仏が倒壊したため、建長4年(1252)金銅の大仏の鋳造を開始、大仏殿も建立した。

建武2年(1335)と応安2年(1369)に大風により大仏殿は倒壊し再建されたが、明応4年(1495)の大地震による津波で倒壊、流出してからは大仏殿を再建することはなく、今日に至っているという。

観月堂 札所本尊の観音さまは何処にということだが、大仏の後ろに回り、大仏の囲いを出ると林の中に少々趣の変わった建物がある。

朝鮮李王朝の月宮殿であったと伝えられる建物だそうだ。
大正13年(1924)、この建物を所持していた「山一合資会社(後の山一證券)」の社長 杉野喜精氏によって、私宅から移築・寄贈したという「観月堂」で、この中に札所本尊の聖観世音菩薩像が安置されている。


高徳院朱印大仏朱印Memo

ご朱印は大仏右後にある朱印所で貰う。
  受付時間 : 8:30〜16:45
  左:札所本尊 聖観音 右:大仏

拝観 : 7:00〜18:00 (4〜9月) 7:00〜17:30 (10〜3月)
  拝観料 : 200円 

駐車場 : すべて有料。大仏前駐車場 30分300円





Map


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

Prev Page Top Next



諸國放浪紀 仏に出会う旅 HOME 仏に出会う旅 鎌倉三十三巻音霊場 inserted by FC2 system