諸國放浪紀 紅葉を求めて
荒川峡
新潟県関川村 磐梯朝日国立公園内を流れる荒川。
その荒川に沿って走る国道113号線は荒川峡もみじラインと呼ばれています。
中でも紅葉のスポットである鷹の巣つり橋を訪れました。 紅葉の見頃は10月下旬から11月上旬です。
 

電車・バス:JR米坂線 越後下関駅 タクシーが便利でしょう。 バス(新潟交通観光バス(株)) 下関営業所〜鷹の巣行にて鷹の巣温泉駐車場下車 但し、平日1本のみの運行 下関営業所発 10:25 (フリー乗車区間では運転手に告げれば任意の場所で降車できます。)
問合せ先: 新潟交通観光バス株式会社 下関営業所  0254-64-1102

車利用:日本海東北自動車道 中条ICより国道7・113号線にて鷹の巣へ。 中条ICから約30分
新潟県関川村ホームページ




鷹の巣つり橋

荒川峡の中心部といえる鷹の巣温泉に架かるつり橋周辺は、まさに紅葉の絶景ポイントです。
国道113号線から荒川側に分岐した道沿いに駐車場があり、つり橋の渡り口になっています。
橋を渡って右は鷹の巣温泉で、旅館「鷹の巣館」などがあります。

 
 
 
 
 
     
鷹の巣館入口
 
 
つり橋の上からの眺め
 
 
 
 
         
 
つり橋を左側に行くと、鷹の巣キャンプ場、旧鷹の巣発電所を経由して、丸山公園、丸山大橋へ遊歩道が2kmほど続きます。

 
 
         
 
遊歩道からの眺め
 
 
 
 
 
つり橋の上流側
 
鷹の巣山展望台
 
ページの先頭へ
       
聞出橋
     
 
国道113号線を山形県側に少し走り、片貝トンネルを抜けてすぐのところの左手に赤い橋が見えてきます。
この橋が聞出橋です。
 
橋から望む荒川の紅葉も絶景です。
 
橋を渡った先は聞出の集落があり行き止まりです。
聞出は人口28名、7世帯の集落で、かわいい神社のお宮と集会場の様な建物がありました。
 
 
 
 

 
     
 
     
   

新潟県関連商品

     
 
参考図書
 
     
 
 
  その他の商品  
 
 
         


         
     
ページの先頭へ
四季の彩香紅葉を求めて
         
紅葉を求めて 四季の彩香 諸國放浪紀
弥彦公園 inserted by FC2 system